高校中退その後

高校中退からその後

高卒認定試験って?

 

高校中退者は

  • 平成21年の中退率は1.7%中退者数が57,000人
  • 平成22年中退率1.6%中退者数55,400人

高校中退理由は

  • 学校生活・学業不適応(39.3%)
  • 進路変更(32.8%)

の2つの区分が大きなものとなっています。

 

大体毎年平均で2〜3%の高校生が辞めるんですね。高校進学率は約98%あります。このうち卒業率は約93%。約6%程度の子供達が高卒資格を取得せず中退あるいは中卒です。

 

平成24年度の出生人口が約103万人。単純に計算すると6万人強の人数になります。%でみれば小さいんですが、人数にするとかなりの人数ですね(゚o゚;;

 

高校中退に妊娠をきっかけでなった人

妊娠になり高校中退する女性は案外多いんです。上記に紹介した統計や公のデータにはあまり紹介されていません。絶対数は少ないですが自分の意志とは関係がないので本人も生んだ後にもう1度高校に行き卒業したいと希望を持っています。選択肢としては

  • 通信制高校
  • 高卒認定試験

どちらかを選択する場合が多いようです。

不登校で高校中退、その後の進路は?

 

 

不登校が原因で高校を中退してしまった人は、

「高校も通えないのに、他のことをやってもうまくいかないのでは・・・」

といったように、暗い気持ちが先行してしまいがちです。

 

また、中退した本人もそうですが、親が必要以上に悲観する場合も多いようです。

 

このように言うと、不登校から高校中退した人は、お先真っ暗というように考えがちです。しかし、それはある意味で偏見であり、学業や社会に復帰される方もいるのです。なにも将来の希望がなくなったわけではありません。

 

たしかに、このままの状況で時間だけが過ぎていけば、ニートになったり、将来の選択肢が少なくなっていくのは、現実でしょう。ただ、

・通信制高校などへの転編入

・高卒認定試験

・就職

など、高校中退後の進路は、他のみんなと同じようにあるのです。

不登校から中退した時の進路選びは何が大事ですか?

不登校の理由にもよりますが、例えば主な中退理由が、「人間関係」だった場合、次の学校や就職先が決まれば、それで解決というわけでもありません。

 

次の進路先での「人間関係」で、再度つまずく可能性もあるわけです。

要は、他人とのコミュニケーション能力をどうやって身につけるかということが本当は大切だったりします。

ほかにも、無気力で不登校だったなら、「精神的自立」が必要だったりと、理由はさまざまで、しかも複雑にからんでいるかもしれません。

 

だから、進路選びのゴールも人それぞれです。ただ、大事なことは、「なんとなく」で決めてしまわないこと。本人の意思がまったくなければ、せっかく選んだ進路も途中で投げ出してしまうかもしれません。

 

 

高校中退者はその後の進路や人生を1番心配しています

  • 就職の事はもちろんの事、
  • リズムある生活が送れるのか
  • 人と上手く付き合っていけるのか・家族とは上手くやっていけるか
  • 将来の希望がもてるのか

このような心配があるようです・・・

 

どんな理由にしても高校中退をした人は自信をなくしています。高校を中退する事は決して褒められる事ではありません。しかし長い人生でみるといくらでもやり直しがききます。高校中退者が臨んでいる上位に

資格や仕事や技術が身に付く施設や公的機関があればよい

このような回答が上位にあります。

 

高校中退者の進路として選択肢は

  • 通信制高校に通う
  • 高卒認定試験を受ける
  • 就職する
  • 資格を取得する

などが上げられます。特に高校中退から就職は関心が高くなています。就職の事を考えて高卒認定や通信制高校などに行く人は中退者の約50%以上います。高卒認定試験だけを見ても受験者の約30%は高校中退です。それほど切実なんですね。しかし現実問題,高校中退のままでは就職率は約30%です。中退者には厳しい現実ですね。

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼