高校退学の手続き方法

高校退学の手続き方法

高卒認定試験って?

 

高校退学の手続き方法は案外知りません。それは当然で誰も高校を中退することを前提として入学する人もいません。親からしてみれば出来る事なら高校を卒業してもらう事を願っています。高校中退すれば後悔する事が親にはわかるからです。

 

高校退学 手続き 

 

なので普通は知りません。不登校になったり引きこもりのまま学校を退学になることはありません。出席日数が不足し留年になりますが、やはり手続きをしなくてはいけません。退学をする前に高校を休学するパターンがあります。

 

高校を休学すると・・・

退学するよりもマシだという事で先生や保護者が高校休学を促す場合があります。こういった事に従う生徒もいます。親や先生からすればほとぼりが冷めれば本人が高校を辞める事を説得できるはずという風に思っています。実際、高校休学後、復学する生徒もいるでしょう。でも少数です。やはり高校休学をしてしまえば1学年下と一緒に登校する必要が出てきます。義務教育ではないので規定の出席日数がない場合仕方がありません。こうなるとやはり高校を辞めるという選択肢になってしまいます。そう考えると次のステップに少しでも早くすすめるように辞めることも仕方がないのかも分かりません。
高校退学の手続きは

  1. 学校側に辞める意思を伝える
  2. 保護者と本人と一緒に学校側と面談
  3. 退学届け、退学願を提出

①学校に辞めると伝える

当たり前ですが学校に辞める意思を伝えます。これは本人でも親でも構いません。もちろん学校はすんなり承諾することはありません。理由を聞き引き止めるような話をします。その中には休学をすすめる話も出てくるでしょう。担任としては自分の受け持つクラスから退学者が出ることはいろんな意味で学校に印象は良くないという意図も働いているでしょうね。

 

 

②保護者と本人と一緒に学校側と面談③退学届け提出

①を伝えたあとに保護者は学校に行く必要があります。本人は行かなくても構いません。そこで再度親に引き止めるような話も出ると思われます。
子供が高校を退学することを保護者が認めているかを学校は確認します。確認後、学校が用意してある退学届けに退学する理由を書き証明捺印します。それで高校退学の手続きは一応終了です。

 

 
高校退学の一連の流れは学校によって多少は違いますがおおよそこいう流れです。上記でも書きましたが、担任が親身になって引き止める場合もありますが、自分の評価を気にする先生もいます。

 

1番良い対処をする先生は本人の意思を尊重してその先の進路を一緒になって考える人でしょう。
当たり前かもわかりませんが、高校を退学してかの進路を決める先生はほとんどいません。「こんな進路もあるよ」程度の人がほとんどです。学校の先生に期待することの方が図々しいのかもわかりませんね。高校中退から専門学校などの進路は親と相談すべきでしょう。

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼