高校中退から人生をやり直す様々な方法

高校中退から高卒試験

高卒認定試験って?

 

高校中退を後悔している人は多数います。そんな人のための試験といえば高卒認定。高校中退から高卒試験といえば高校卒業と同等の資格を得ることができることで新たに高卒の資格を持たない人などへの短大や大学への受験資格を得る方法として注目を集めている高等学校卒業程度認定試験ですが、年2回の試験日が設定されています。

 

高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の試験日は通常8月と11月の年2回に設定されていて、8月の試験結果が8月末頃に発表されるので、試験結果を見て合格できなかった人でも11月の試験で再受験できるように試験日が設定されています。

 

また高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の試験科目は、数学Ⅰ、英語及び国語の3科目が必須になっており、それ以外の試験科目は地理・歴史、公民、理科の3教科に関しては各科目の中から5~6科目を選択することになります(科目数は選択する科目により異なります)。
具体的には、例えば、理科という教科の場合には、物理、科学、生物、地学あるいは理科総合の計5科目の中から試験科目として2科目選ぶことが必要です。
また、地理・歴史という教科の場合には、世界史A・Bのどちらか1つが必須で、日本史A・B、地理A・B4科目の中からいずれか1科目を選択するというような形になります。つまり、地理・歴史が苦手でも試験科目の中から除外するということはできません。

 

 

そして、選択科目は、各教科の中から必ず一つを選択するので、基本的には全教科合格する必要があります。

 

そこで、最終的に高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格するには、必須科目と選択科目の全てに合格しなくてはいけないので、得意不得意をしっかり見際めて選択科目を選んでいくことが大切です。

 

また、ここで有効に活かさなくてはならないのが科目合格の制度です。
科目合格とは、一度合格した科目は一生有効になる高等学校卒業程度認定試験(旧大検)特有の制度なので、万一苦手な教科があったとしても、試験日は8月と11月の年2回設定されている制度を有効に活用し、8月の試験で苦手な科目を落としてしまった場合でも11月の試験日に再度失敗した試験科目だけを受験することも可能です。

 

年2回ある試験日を有効に活用し、最短で高等学校卒業程度認定試験に合格できるように準備しておくことが大切です。高校中退から高認に挑戦してみは?

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼
高校中退