高校中退から高認で大学進学へ

高校中退から高認で大学進学を目指す

高卒認定試験って?

 

高校中退から高卒認定を受ける人は約30%います
高校中退者が専門学校や大学に進学するためには、まず大学受験資格を取得する必要がありますよね~

それには高校に編入もしくは転入学をするか、高卒認定資格試験を受験することになります。どちらにしてもあなたにあった形が1番良いですよね。

 

学校生活に負担を感じるのであれば、高校中退者のその後の選択としては高校認定が最適かもわかりませんね。理由は、学校生活をおくる必要はないんです!

 

この試験は昔大検として知られていましたが、平成17年に制度の変更があり、高等学校卒業程度認定試験と名称が変わった試験です。実際に、大検と高校認定とでは、内容にそれ程違いはなく、むしろ若い人達に将来の選択肢を狭めないよう受験しやすくなっているんですよ☆

 

たとば、大検で実施されていた試験免除制度が高校認定試験にも引き継がれたり。試験に合格しなかった場合でも、合格点に達した科目については、次回受験が免除されたり。他にも高校在学中に試験科目を修了している場合には、その科目について試験が免除されたりします。

 

 

高校2年3年で中退すると大きく免除科目が変わる

中卒または高校1年の2学期までに中退している人は8科目を受験する必要があります。しかし高校1年生の2学期以降で中退している人は免除科目がある可能性があります。高校2年や3年で中退していれば多い場合3~6科目免除されるかもしれません。高校1年までの勉強に自信がある人は高卒認定の参考書で独学をする人もいます。このあたりが高校中退者が高卒認定試験を受ける人が多い理由でしょう。

 

他には高校中退者など大学の受験資格のない16歳以上の者は、誰でも高認試験が受験できます。受験科目が

  • 国語
  • 数学
  • 英語
  • 理科
  • 地理歴史
  • 公民

と8~9科目と前より、科目数が減り、その試験内容は、高校1年生が学習する内容が主なんですw高校中退から大学進学や専門学校進学を考えた場合、なんと最速で6ヶ月で受験資格を取得できるんです。
 
合格率は、約36~37%です。そのうち平成24年度の合格者の61.4%が高校中退者でした。また、科目毎に合格率をみると、1科目以上合格した人は約88%以上になり、必ず一度に全ての科目に合格をする必要はないんですよ(^O^)分割して科目に合格していく方が、実際には確実に高校中退から高認試験に合格する方法かもわかりませんね。

出願期間と願書取得方法と合格発表

出願期間が第1回試験が概ね4月下旬から5月に、第2回試験が9月はじめから中旬にあります。願書は、文部省や各都道府県の教育委員会または配布場所で直接入手できますし、パソコンや携帯から全国学校案内資料管理事務センターに受験案内を請求することもできます。そして合格発表18月、第211月の試験の概ね1ヶ月後となります。

 

高卒認定で大学に行くと不利ですか?

 

まったくそんな心配はありませんよ。大学の受験要項を確認してみてください。「高等学校卒業程度認定試験合格者」ときちんと書いてあります。制度の上で不利になることなんて、ひとつもありません。

 

それに、「高卒認定で大学に進学すると、就職のときに不利かも・・・」と考える人もいるようですが、これも心配いりません。

 

これは、高卒認定だからというより、高校中退という履歴を心配されている場合が大半ですが、履歴書を正しく書いたり、就職活動をきちんと行うことで十分リカバーできます。

 

高卒認定で大学に行く時、奨学金は受けられますか?

 

高卒認定で進学を考えている人でも、奨学金は受けることができます。たとえば、日本学生支援機構の奨学金は、高卒認定からでも受けることができます。

 

ただ、個人の状況によって変わってくることもあると思うので、必ず確認が必要です。

 

一度、日本学生支援機構や、受験したい大学の奨学金担当窓口に、直接問い合わせてみましょう。

 

まとめ

高校中退を後悔している人は多数います。ならば高卒認定も選択肢の1つです。特に高校2年3年で中退した人はかなりの免除科目があります。高校中退から高認は大学進学を目指すための最短な試験制度なんです!最短6ヶ月で取れる高認試験に挑戦してみては?

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼