高校中退の就職の現実

高校中退者の就職の現実

高卒認定試験って?

 

高校中退者の正社員就職率は約30%です。

 

色んな理由で高校中退をした人たくさんいます。中退の場合、残念ながら履歴書は中卒となります。求人誌を見てもほとんどが高卒以上の応募です。これを見て高校中退を後悔するパターン多いのでは・・・

 

苦戦した経験をもっている人も多いのでは?なかなか高校を中退した人の就職先を探すことは難しいですね。でも企業によっては中卒を受け入れてくれる就職先ももちろんあります!

 

高校中退に対しての企業の印象

高校中退する人が就職する際、企業側の印象は

今の日本ではよっぽどの事が無い限り高校までは行けるだろう。だから「中卒の場合は本人に何か問題があるのでは・・・」という印象を持たれやすいですね。

それ以外はあえて高校中退を採用する積極的な動機がないということ。企業として困るのは採用した人がすぐ辞めてしまうこと。

 

企業が高校中退した人に面接で聞きたいことや履歴書から読み取りたいことはきっと、次の3つの事柄に対しての不安からでしょう。

 

  1. 責任感はあるのか?
  2. あきっぽい性格なのでは?
  3. 人間関係・トラブルおこしやすいのでは?

企業がわざわざ面接をするのはその人物を確認したいからです。言い方を変えれば

 

「自社の社員としてふさわしくない人物の入社を防ぎたいから面接をする。」

 

それを確認したいから面接をします。

 

正社員として就職させたとしても容易に解雇することは出来ません。だからこそ企業も慎重になります。

もちろん高卒以上の学歴を持っている人にも面接時上記でお伝えした3つの事は企業が知りたいことです。

 

高校中退の人が企業に印象をよくするには?

 

就職とは働きたいと思う人と働いてもらいたいと思う企業側とのベストマッチング!

 

双方に合意がないと就職にはいたりません。

相思相愛みたいなことかな?必ずしも学歴が中卒だからマイナスではありません。高校中退だからダメではありません。

思いだしてみてください。上記でお伝えした企業があなたに聞きたい不安に思うみっつの事です。

  1. 責任感はあるのか?
  2. あきっぽい性格なのでは?
  3. 人間関係・トラブルおこしやすいのでは?

印象をよくするには

  • 責任感があると感じてもらうこと
  • 最後までやり遂げられること
  • まわりの人とうまく付き合えること

もっと具体的にいうならば人が生きるために必要な知識・技能を身に付けているかどうか、本来学校や社会そして地域で学び身につけることです。

これらを企業にアピールすることが高校中退者が就職する際、最も不利になりにくい方法です。

どう相手に伝えれば上記3つのことを感じてもらうことができるかを考えてみましょう。

 

高校中退でも土木関係は歓迎

特に土木関係の職種は、必要な資格はなくて、体力のある人を歓迎していますよね。土木関係は高校中退の人がよく選択する仕事の1つです。でも・・・好きな人にとってはいいです☆逆に苦手な人ももちろんいます。そんな人達のとって、別の仕事となるとこれまた探すのに苦戦してしまいます。色んな仕事がありますが、「中卒」のままではぶっちゃけ中々かも・・・

 

女性の高校中退者の就職では飲食店の割合が高いです。でも女性も男性も就職ではなく70%がパートタイマーで働いているのが現実です。

 

高校中退後現在していることは?

調査対象は高校中退2年以内の人男女2,651名を対象に調査表を送り、それに対して1176名から得られた解答です。

詳細は内閣府HPに掲載されていました。(高等学校中途退学者の意識に関する調査

  • 働いている  56.2%
  • 在学中    30.8%
  • 仕事を探している 13.6%
  • 家事・家事手伝いをしている 11.0%
  • その他  7%
  • 妊娠中・育児をしている 5.4%
  • 特になにもしていない 4%

これが内閣府の平成23年3月に若者の意識に関する調査を実施した結果

報告書(解説版)

 

高校中退後現在していることは?

この質問に対する答えが「仕事をしている 56.2%」 この内訳はフリーター・パート等 が77.2%と圧倒的に多いですね。

正社員・正職員等はたったの 17.1%とかなり低いです。

 

できるなら、ネガティブなブランクは避けたい

 

高校を中退した時点で、不登校だったり、引きこもりがちだったり、そんな状況の人もいるかもしれません。

 

また、なかなかアルバイト先がみつからず、ニートとして無職の期間が続いてしまっている人もいるかもしれません。

 

そうなると、いきなり就職・・・というのは、少しハードルが高く感じられるかもしれませんね。

 

ただ、学生でもなく、就職もしていないというのは、履歴書上では「空白期間」として扱われる場合がほとんどです。

 

そうならないためにも、就職にむけて、できることから始めてみることがとても大切です。

 

いますぐに就職することが難しいのなら、資格の取得など、自分をスキルアップさせることに時間を使うのもいいと思います。

 

そして、ネガティブな理由の「空白期間」はなるべく作らないようにしたいですね。

 

 

高校中退,就職

 

専門性のある就職を目指したい人は、高校中退から行ける専門学校として職業安定所が提供する職業訓練で職業に関する技術を身に付けて、
希望の職種に就職というパターンありますね。直接訓練校に通う方法と資格取得を目指すパターンと。仕事を探すのも難しいですが、それより若いうちはすぐに仕事を辞める人が結構います。経験ないですか?「どうにかなるさ♫」こんな感覚。確かにどうにかはなるんでしょうけど。。。辞めてしまう大きな理由は

  • 就きたい仕事に就けない
  • 思っている以上に収入が低い
  • 特に若い時は、就いた仕事を一生するとは思っていない

こんな感じでは?全くこれらの理由が悪い訳ではないと思います。でも、いつかマジメに仕事の事を考える時が来ますよね。そのいつかが早いほうが得な事が多いですね。中卒→○○→就職この○○を何にするか結構大事ですね~
資格なのか技術なのか学歴なのか。。。高卒資格を入れたい人は高校中退から高認を考えてみては?

 

高卒認定試験って?

 

 

高校中退を後悔しているあなた。6ヶ月で高卒資格を取ってやり直す!詳しい資料がココから【無料】で請求出来ます!
▼高卒認定の資料はコチラ▼ココを今すぐ押してね▼